').text(val).html(); }; });

本文へスキップします。

ここから本文です

分散投資の意義② 投資のリスクとは

投資のリスクとは

リスクという言葉は日本語で「危険」「良くないことの起こる可能性」といった使われ方をしますが、資産運用の世界では「リターン(収益)の変動」、つまりリターンのブレの大きさを指すことが一般的です。株式や債券のリターンは、配當や利息によるインカムゲインと、価格変動に伴うキャピタルゲインで構成され、將來のリターンは確定していません。それぞれの資産のリターンが毎年どのように推移してきたかを見ることで、各年のリスクが分かります。下のグラフのブレ幅はそれぞれの資産のリスクを表しており、ブレ幅が大きいほどリスクが高いことを示しています。

diversification2_fig02_202103.PNG

※運用コストとして、シミュレーション期間全體について、各資産ごとの管理運用委託手數料(年率)を用いています。各資産ごとの管理運用委託手數料(年率)は以下の通りです。
國內株式:0.02%、國內債券0.01%、外國株式0.04%、外國債券:0.02%
※稅金、及びリバランスに係る費用等の取引コストは考慮していません。利息?配當等は再投資したものとして計算しています。
※過去のパフォーマンスは將來のリターンを保証するものではありません。

<出所>國內株式:東証一部時価総額加重平均収益率 外國株式:MSCIコクサイ(グロス、円ベース) 國內債券:野村BPI総合 外國債券:1984年12月以前はイボットソン?アソシエイツ?ジャパン外國債券ポートフォリオ(円ベース)、1985年1月以降はFTSE世界國債(除く日本、円ベース)


Copyright ? 2021 Ibbotson Associates Japan, Inc.著作権等すべての権利を有する同社から使用許諾を得ている。

主な資産のリスク?リターン

運用の世界では一般的に、株式や債券など各資産のリスクを、リターンの「標準偏差」を使って表します。「標準偏差」とはリターンのブレの大きさを表す數値で、標準偏差が大きい(リスクが高い)ほど、リターンのブレ幅が大きいことを意味します。下のグラフはGPIFが2020年4月1日より適用した基本ポートフォリオを策定した際に使った「期待リターン(予想される収益率)」と「リスク(標準偏差)」の関係を、主な資産ごとに比較したものです。運用資産にはそれぞれ異なった特性があります。一般的に、リスクの小さな資産は得られる収益(リターン)が小さく、リスクの大きな資産は高いリターンが得られると言われています。これを「リスクとリターンのトレードオフ」と言います。

diversification2_fig02.png

もう少し詳しく知りたい方へ:リターンの分布とリスク(標準偏差)の関係について

資産運用におけるリスク(標準偏差)とは、リターンの分布の広がりがどの程度の大きさかを表す指標であり、1年間のリターンがどれくらいブレそうかということを示そうとするものです。株式など有価証券のリターンの分布は、統計學で用いられる正規分布の形狀に似ています(一方で、裾野の部分の確率が正規分布よりも高いことが知られています)。正規分布は左右対稱の釣鐘型の形をしています。各資産のリターンが正規分布に従うなら、リターンは約3分の2の確率で中心から±1標準偏差に収まり、95%の確率で±2標準偏差に収まることが想定されます。

「日本株の期待リターンは5.6%、リスク(標準偏差)は約23%」*という數値を使って具體的に見てみましょう。
*GPIFが2020年4月1日より適用した基本ポートフォリオを策定した際に使った數値。期待リターンは賃金上昇率を加えた名目値。

リスクは通常、1標準偏差で表されます。「日本株の期待リターンは5.6%、リスク(標準偏差)は約23%」であれば、1年間のリターンは期待リターン5.6%を中心にして、上下23%の間で変動する確率が約3分の2(約68%)であることを意味します。言い換えれば、1年間のリターンがプラス5.6%からプラス28.6%の範囲に収まる確率が約3分の1、プラス5.6%からマイナス17.4%の範囲に収まる確率が約3分の1であると想定しています。逆に言うと、毎年のリターンがマイナス17.4%より大きく下がる確率は約16%、プラス28.6%より大きく上がる確率も約16%となります。

diversification2_fig03.png

注)GPIFでは、基本ポートフォリオの策定において、株式等が想定よりも下振れ確率が大きい場合(いわゆる「テールリスク」)もあることを考慮しています。

免费a毛片,免费a毛片在线观看,免费a毛片在线播放